画像
 エシュロン( Zen-Xero Dynamic )

title

   フッ素をガラス皮膜中に含有させた
      ガラスコーティングの全く新しい形

従来のガラスコーティング被膜では、被膜自体の強度は確立されていても、塗装面との結合という点で改善の余地が残されていました。それは有機質である塗装面に無機のガラスを結合させるという点で、結合力が弱く、塗装面上に微細な凸凹に合わせて乗っているといるイメージでした。

ガラス被膜コーティングの歴史の中で、フッ素はこれまで様々な形で併用されてきている材料です。従来、ガラス被膜に対するフッ素の存在は、被膜表面にフッ素を配列させることで優れた撥水性を生み出してきました。しかし、これらは被膜表面での性能であるため、表面がダメージを受けたり、経年変化の中でフッ素の効果が失われていくものでした。Zen-Xero Dynamic は、この概念を覆し、被膜表面だけでなく、被膜中に均一にガラスと融合してフッ素が配置されることを実現し、ガラス被膜としての性能持続期間中、より均一にフッ素の性能を発揮することを可能にしました。

従来、撥水性を有するガラス被膜は、撥水性をもたらすフッ素やメチル基などの撥水基が被膜の表面で形成され作用するため、経年変化による被膜表面の減少によって著しく撥水性が失われていくという欠点がありました。
Zen-Xero Dynamic はこれまでにないフッ素とガラスの完全融合を実現し、ガラス被膜中に均一にフッ素が配合されることで、被膜の減少が生じた場合でも常に撥水基が存在することで撥水状態を維持します。

従来、ガラス被膜の撥水基として多く用いられているシランやメチルの撥水基は酸に対して耐性が弱く、酸の影響を受けて撥水性が失われる傾向にあります。
Zen-Xero Dynamic では、酸に対して耐性の高い特殊フッ素をガラス被膜内に均一に配合したことで、従来にはない優れた耐酸性を得ています。実験からも被膜を形成した部分については腐食せず被膜が残っていることが確認できます。未加工の部分は酸に侵されて腐食していることがわかります。

※ 上記に消費税は含まれておりません。
※ 上記車種以外はお問い合わせください。

ガラスコーティングの他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!