画像
 ウインドウモールコーティング

title

Metal Trim

ウインドウモールの劣化

 ウインドウモールの劣化

欧州車によく見られるウインドウモールの劣化。一般的にはメッキモールと呼ばれていますが、実際はメッキではないので、ここではウインドウモールと呼ばせて頂きます。
高級車に装着の多いウインドウのメタルモール。日本車では劣化が非常に少ないステンレス製が使用されております。しかし、欧州車のモール素材はアルミにアルマイト処理されたものが使用されるために劣化が激しく、新車でも半年を経過したころから白く斑点模様に劣化が始まります。

オーナーを悩ませる劣化

 オーナーを悩ませる劣化

画像は走行10.000km未満の外車のウインドウモールです。市販でもモール研磨剤があり、軽度であればご自身で光沢の復元も可能ではありますが研磨後にそれを保護できなければ、劣化と研磨の繰り返しでアルマイト層も薄くなり、より劣化しやすいモールへと変わっていきます。

新車時の施工がベスト

 新車時の施工がベスト

従来の一般的な塗装面用のガラス被膜コーティングは、施工方法として塗布して拭き上げるため、定着する膜厚には限界があります。しかし、輸入車のウィンドウモールなどに使用されている金属モールは非常にデリケートなので薄膜では保護しきれない場合があります。当店で使用するコート剤は膜厚と柔軟性を持ち合わせたウインドウモール専用コーティングです。





施工は新車時がベスト。新品のアルマイト層を研磨することなく素材を
保護できます。


※ 上記に消費税は含まれておりません。
※ 既に劣化が進んでいるモールは研磨が必要になります。劣化の度合いにより料金が変動しますので別途御見積となります。

ガラスコーティングの他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!